超時空惑星おきゅごー

〜 Oculus Goで未来が変わる 〜


8K3D対応VRビューワー「Insta360Moment」

先日Insta360の新製品「Insta360 Pro 2」をひと足お先に体験してきたのですが、実は何よりワクワクしたのはこの新製品ではなかったのです。

それが同時に発表されたVRビューワー「Insta360Moment」です。
対応した専用フォーマット「CrystalView(.vrb)」を再生すると、8Kの高解像度映像がサクサクと視聴できてしまうのです。

概念としては見ている方向を検知してその方向の映像だけを高解像度で表示するというもの。
見えていない後ろの部分をカットすることでサクサク動くのですね。

そしてその「Insta360Moment」のOculus Go版がリリースされました!
f:id:d_wackys:20180830133422p:plain

「Insta360Moment」使用方法

まずはアプリのインストール。
Oculusストアで「moment」で検索すればすぐに見つかります。
www.oculus.com
インストールして起動してみると、まだデータが何もない状態です…。
一旦アプリを閉じて、Oculus Go本体を再起動します。
f:id:d_wackys:20180830133535p:plain:w480
「Insta360Moment」は各種フォーマット(jpg, insp, mp4, insv, vrb)の再生に対応してますが、mp4では4K解像度までしか再生できないので、パソコンから「CrystalView(.vrb)」のサンプルデータをダウンロードしましょう。

8K3D_Crystal View_Sample Footage - Google ドライブ

Oculus Goをパソコンと接続してみると「Insta360Moment」というフォルダが作成されているので、ダウンロードした「CrystalView(.vrb)」サンプルデータをコピーします。
f:id:d_wackys:20180830140437p:plain:w480
改めてアプリを起動するとファイルの一覧表示が現れました。
f:id:d_wackys:20180830134644p:plain:w480
そして、早速観賞してみたのですが…

視聴した感想

8K解像度はやっぱりキレイです!
ただしカメラが固定でないとOculus Goでは描画が追いつかないようです。先日体験したGearVR版の方が端末の描画スペックは勝っていたので、8K3Dでも問題なく再生されてました。

現時点でOculus Goで閲覧するには、カメラ固定なら8K2D(ギリギリで8K3D)、カメラが移動するなら6Kまでなのかな?
今後アルゴリズムなどが改善されるとパフォーマンスは上がるかも知れませんね。
いずれにしてもこういった技術が出てこないとVR映像は普及しないでしょうね。
大いに期待したいです!

ちなみに「Insta360Moment」はiOS版/Android版もリリースされてます。
Insta360 360 Camera - Insta360, the leader in 360 cameras