超時空惑星おきゅごー

〜 Oculus Goで未来が変わる 〜



Oculus Goでバーチャルツアーをオフライン再生する方法

360度のパノラマ写真はそれだけでもOculus Goで見ていて楽しいのですが、パノラマ写真間の移動が可能なバーチャルツアーはインタラクティブ性があってついつい時間を忘れて見入ってしまします。

そんなバーチャルツアーを自作してOculus Goで持ち歩けたら、デモンストレーションやプロモーション活動に利用できますよね!

バーチャルツアー構築

素材となる360度パノラマ写真を複数用意したら、バーチャルツアーを構築するオーサリングソフトで編集します。
そのVRオーサリングソフトにも色々ありますが、今回使用するのは「Pano2VR」です。
ggnome.com
今回はOculus Goでの閲覧の話がメインなので、具体的な使用方法については各自で調べてください。

f:id:d_wackys:20180722130725p:plain

オーサリングが完了したら、HTML5形式で書き出します。

書きだしたツアーはこんな感じで見ることができます。

Oculus Goへデータ転送

作成したバーチャルツアーをOculus Goで見るために使用するのが「VR TOURVIEWER」です。
www.vrtourviewer.com
執筆時点ではプレビューアプリなので、Oculusストアで購入することはできません。
上記サイトからOculus Go用のダウンロードページへ行き、Oculusストアに登録しているメールアドレスでリクエストを送ります。

VR TOURVIEWER リクエストを送信
f:id:d_wackys:20180722134451p:plain f:id:d_wackys:20180722134610p:plain

するとメールが2通届きます。

1通目のメールはOculusからで、プレビューアプリ使用の承認を行います。
認証されるとプレビューアプリとしてインストールすることができるようになります。

認証されました! プレビューアプリに登録された
f:id:d_wackys:20180722131811j:plain f:id:d_wackys:20180722131929j:plain

プレビューアプリはストアには登録されていないので、2通目のメールの指示通り(英語)にOculus Goで「tourviewer」と検索してインストールします。無事起動できたらサンプルツアーで動作を確認してみてください。

検索してインストール 起動を確認!
f:id:d_wackys:20180722003903j:plain f:id:d_wackys:20180722003859j:plain

上部メニューの「STORAGE」と言う箇所がOculus Goの内部ストレージで、ここにツアーデータを保存すればオフラインでも閲覧可能ということですね。もちろんまだ何も入っていません…。
f:id:d_wackys:20180722003854j:plain
と言うことでOculus GoをUSBケーブルでパソコンと接続し、Pano2VRで作成したデータをディレクトリごとまるっとVRTourviewerにコピーします。
f:id:d_wackys:20180722003843p:plain
もう一度アプリを立ち上げてみると…
無事「STORAGE」に自作バーチャルツアーが表示されました!
f:id:d_wackys:20180722003846j:plain
起動してみると問題なくツアーを閲覧することができました。
やっぱりOculus Goで閲覧するバーチャルツアーは快適です♪

ただし無料でインストールしてこのように使えるのですが、ウォーターマークが入ります。
f:id:d_wackys:20180722003837j:plain
展示会や営業活動などで使用する場合はフルバージョンを申請しましょう。(端末毎の申請)
さらにカスタマイズバージョンを登録すれば、自前のアプリとして公開できるなどの様々な機能を追加できるようです。

とは言え…

長年パノラマ屋をしている人間からするとさほど難しい作業ではありませんが、やっぱり専門知識はかなり必要となってきますね。
当方では撮影からツアーのオーサリングまで幅広く対応可能ですので、お気軽にご相談下さいませ♪